人気ブログランキング |

清明の今

高知と東京で高知関係のご縁づくりをしゆう土佐婚俱楽部代表の織田祐輔です。
清明の今_f0291565_11283592.jpg

寒気が抜けてこの時期らしい陽気が戻って来ちゅう東京・清瀬です。

自宅近くの都立松山緑地も、華やかな花の季節から緑溢れる初夏へと移りよります。

季節はそんな頃ですが、世の中の情況は去年に続いてコロナの季節が続きよります。

今は24節季の清明。

「すべてのものが清らかで生き生きするころのこと」のこととのこと。

コロナは治まらんでも、自然の中での生命の営みは滞ることはないようです。


人間の営みも同じこと。

あまり考えすぎず、自然に任せて身を委ねてみることも良いのではないでしょうか!!

# by tosakon-tokyo | 2021-04-12 15:17 | 日記 | Comments(0)
高知と東京で高知関係のご縁づくりをしゆう土佐婚俱楽部代表の織田祐輔です。
高知と東京を結んで、「婚活オンライン3者面談」_f0291565_14184448.jpg

東京ではコロナがいよいよ正念場、まだ暫く高知と東京の行き来もままなりませんね。

今朝の東京は北の寒気の影響で冷えました。

自宅のある清瀬では最低気温が6℃ばあ、引っ込めちょった毛布を引っ張り出したりしました。

そんな寒の戻りはあるものの、ツツジも咲きだして季節は確実に進みよります。

そして、今朝は土佐婚俱楽部でしかできん初の試み。

高知と東京をオンラインで結んでの会員さんと高知、東京両相談室長による3者面談が開催されました。


高知で活動中の男性会員さんは以前東京で入会して、活動して来ました。

一昨年、Uターンして高知で活動中ですが、今日は彼の様子を両相談員立会いの下、直接聞いてアドバイス。

明日のデートにも役立ちそうなアドバイスも出て、会員さんも納得。

今後にも活用できそうな企画やったと思います。

# by tosakon-tokyo | 2021-04-10 16:51 | 婚活 | Comments(0)
高知と東京で高知関係のご縁づくりをしゆう土佐婚俱楽部代表の織田祐輔です。
入会が楽しみなお問いあわせの女性_f0291565_13504828.jpg

季節はどんどん進みますが、一向に治まらず拡大傾向のコロナです。

大阪は爆発前夜みたいですし、東京もそれを追いかけゆうかのようです。

その中で高知は比較的頑張って抑え込んじゅう方やと思いますが、

周りの県が愛媛はじめかなり多いみたいですきに、心配ですね。

毎日、高知新聞電子版で様子を確認しますが、


私の住まいのある東京都清瀬市も頑張っちゅう方やと思います。

都心から25キロ圏で人口7,4000人ですが、新規感染者ゼロも多いこの頃です。

都心への通勤者も多い中ですきに、完全に抑え込むがは難しいとは思いますが・・

そんな中、昨日は多摩婚倶楽部会員さんの整骨院へ肩の治療に行った帰り

小平市にある「テルメ小川」という温泉へいっちょりました。

先生の勧めもあり、治療を兼ねての気分転換ですが、

東京の田舎ですきに、特に平日は客もまばら。

ゆっくり湯に浸かって、リラックスしてもんて来ました。

先日、HPを見て「入会希望です」とメールがあった高知出身女性の入会が楽しみです。

# by tosakon-tokyo | 2021-04-08 14:19 | 婚活 | Comments(0)
高知と東京で高知関係のご縁づくりをしゆう土佐婚俱楽部代表の織田祐輔です。
思わず手に取った「高知なす」_f0291565_09541858.jpg

今朝はここのところより冷い感じの東京・清瀬です。

昨日の午後、立川で相談室関係者との打ち合わせの後帰宅中雨が降り出しました。

予報通りの前線の通過、その後少し気温が下がり、今日は昼間は15℃ばあにかありません。

その帰り道、秋津駅近くのいなげや前から「清バス」に乗りましたが、

待ち時間に覗いたスーパーの入口の目玉商品が「高知なす」でした。

一袋3個入りで98円。迷わず3袋買いました。

バスの中でゆっくり見ると、袋の表示に機能性表示商品と

「高めの血圧気になる方に」おおいに気になる私ですので、これからも迷うことなく買いますね。

# by tosakon-tokyo | 2021-04-05 10:05 | 日記 | Comments(0)
高知と東京で高知関係のご縁づくりをしゆう土佐婚俱楽部代表の織田祐輔です。

今日は4月4日、以前やったら、これからぼつぼつお花見か?と言う季節でした。

皆さんも、入学式の時にサクラが満開で、サクラのトンネルを抜けて入学した記憶の方も多いと思います。
東京の人にも人気?の「いたどり」_f0291565_11380897.jpg

そして、この季節になると思いだすがが「いたどり」

よう、川の土手などどこにでも生えちょって、簡単に取れるし春の楽しみのひとつでした。

けんど、どこの人でも食べるがやないとのことで、旅先で「これがたまるか!!こんなに生えちょって。取り放題じゃいか」

などと騒ぎ寄ったら「いったい何事?」と怪訝な目で見られます。

先週は都内に出たついでに神楽坂「ぼっちりや」さんに寄って一杯やりました。

「今日のあては何」と見ると「イタドリと天ぷらの炊いた」がが。

暫時頼んで食べ始めたところに、お客さんが「この前頂いた高知の山菜のあります」

イタドリのことやったみたいで、お店のおかみさんが「それはこれ。イタドリ言うがです」

ご近所の奥様風の方でしたが「これ美味しかったよ」とお褒めの言葉。

イタドリは知られてないだけで、結構皆さんに好かれる食べ物かもしれませんね。

私もその後寄った知り合いにお土産に持って行きました。

# by tosakon-tokyo | 2021-04-04 11:53 | 日記 | Comments(0)