人気ブログランキング | 話題のタグを見る

映画「野のなななのか」の脚色の内藤忠司君

高知のための結婚相談室、土佐婚倶楽部代表の織田祐輔です。

今年は温うなって来てからも時々寒気が降りて来て天気が荒れることが多いような気がします。
昨日も朝は晴れちゅうにかあらん天気でしたが、段々と怪しげな雲が出て来て2時頃には雨がパラパラ、冷たい風が吹き出しました。

間もなくゴロゴロピカピカ、そのうちガラガラドーンと激しい雷雨に。丁度来ちょった会員さんは降り初めに急いでいにましたが、無事にいに着きましたろうか?その後も夜になっても遠いの空が光りよりました。

最近は新しう知り会うた方には「土佐婚倶楽部」のメールアドレスにお願いすることが多いがですが(家のPCが古うてのうが悪い)小学校の同級の内藤君からは家のアドレスに来ます。

時々来るメールは大体が彼の脚本や演出の映画や芝居の案内で、自分が出演する芝居もあります。小学校からの夢を追いかけてここまで来たということですが、今回は「野のなななのか」と言う樺太からの引揚者の映画の案内でした。

監督:大林宣彦 原作:長谷川孝治「なななのか」 脚色:内藤忠司、大林宣彦と書いちょりましたきに、「へえ、凄い!!近々に観に行くきに。」と書いて返信しちょきました。

高校卒業後東京へ出て来てずうっと頑張りゆう仲間は誇りであり、嬉しいもんです。
元はグランド前の蒲鉾屋の息子でした。

by tosakon-tokyo | 2014-05-23 13:31 | 日記 | Comments(0)