人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新高梨に込めた感謝の気持ち!!

高知のための結婚相談室、土佐婚倶楽部代表の織田祐輔です。

昨日は東京も30℃近うまで気温があがり、ここのところにしては蒸し暑い日になりました。今日は涼しい言いよりましたが、存外暑い感じです。

さて、高知の夏はエライ雨の日が続いて、台風も上陸して大事でしたが、ここのとろやっと晴れが多うなって来ちゅうにかありません。

毎年兄嫁に頼んで手配してもらいゆう新高梨は今年はどんな具合ですろうか?

もうかれこれ20年近う新高梨を送り続けゆうがですが、毎年喜んでもらいよります。

もともと、日清製粉時代に契約事で訪れた静岡の会社。その代表の方と契約書のお話をさせて頂くことになりましたが、3回通って3回昼食をご一緒させて頂きましたが、契約書の話は一切出ずビールを飲みながら(私だけ)当時の湾岸戦争の評価や政治経済問題の話題ばかり、質問が飛ぶたびに答える、そんな遣り取りでした。

3回目の昼食が終わると「織田さん今日は事務所に寄って下さい」とのお話し、やっと契約の話かと事務所に伺うと「織田さん契約書はあなたに任せました。好きなように作って持って来て下さい。そのまま署名・捺印しますので」といきなり言われました。


狐につままれたような顔の私に更に「織田さん契約書は信頼出来る者同士が交わすものですよ。信頼関係のない人同士が何を書いても必ず抜け道を作って関係がおかしくなります。私はあなたと信頼関係があると思ったので契約するのです。だから全てあなたに委ねたのですよ。」と言われました。

とても信じられない有難いお言葉でしたが、それ以来その言葉を噛みしめながら人と接するようにしています。

新高梨は最初そのお礼にと贈ったものでしたが、食通のご夫妻にとても喜んでいただきました。その後お二人とも亡くなられましたが、それからも毎年贈りづけて感謝のお供えとさせて頂いています。

by tosakon-tokyo | 2014-09-17 17:10 | 日記 | Comments(0)