人気ブログランキング |

怒って毒づいた後で謝る勇気

東京と高知に拠点を置く土佐婚俱楽部代表の織田祐輔です。
怒って毒づいた後で謝る勇気_f0291565_14155885.jpg

朝は冷えましたが昼間は温い今日の東京・立川です。今日は昼ごはんの後11月3日以来久しぶりに昭和記念公園の立川口付近まで行っちょりました。

昭和記念公園では3日からイルミネーションの点灯が始まりまして、大勢のカップルが来ゆうにかありませんが昼間は閑散とした佇まいでした。

一昨日の夜は「ドリームよさこい」の忘年会が新橋であり参加しました。高知関係の会合ではちょくちょくお話しするお二人のTさんと途中まで一緒。忘年会では今まで聞けんかった方のお話も聞けたりして楽しく、帰りもその余韻を引きずりながらのご機嫌の帰途となりました。

池袋から西武池袋線急行に乗って座れたところまでは良かったがですが、横から大きな声で話す会話が・・・。発車までは5~6分ありましたきに「外で話したら?」と注意すると、「うるせーな。まだ発車してないし」電話の向こうには「うるさい人が隣から文句言って来た。動き出さないと電話OKなのに」等と。

こちらも面倒なことになったら嫌ですきに黙っちょたら、確かに発車したら電話は止めました。そのままこちらも黙ったまま2つ目のひばりが丘に着く頃、その青年が急にこちらを向いて「先ほどは済みませんでした。僕が悪かったです。」と。

私も急な展開と思わぬ詫び言葉にびっくりしましたが、「気をつけて!!」と言葉を返すと「有難うございました」と頭を下げて降りて行きました。

妙な気分でしたが、考えてみると「公衆の面前で毒づいちょいてその後突然謝る」これも中々できんことじゃろうとその勇気に感心しました。

過ちは誰にでもあるもの、けんどそれに気がついて改めるは中々難しい。

by tosakon-tokyo | 2016-12-09 14:16 | 日記 | Comments(0)