人気ブログランキング | 話題のタグを見る

懐かしい汽車に乗っての修学旅行

東京でも高知でも、高知の人同士のご縁づくりをしゆう土佐婚俱楽部代表の織田祐輔です。

こないだの日曜日も何時ものように、武蔵野線新秋津駅から9:18発むさしの号大宮行きに乗車して予定通り、9:33頃立川駅6番線に到着しました。
懐かしい汽車に乗っての修学旅行_f0291565_14504962.jpg

降りて向かい側の5番線を見ると、見慣れない電車が止まっちょってホームには大勢の子供たちがリュックを背負うてならんじょりました。

列車の表示を見ると「修学旅行」の赤文字が。

中央線ですきに、山梨か信州長野にでも行くがでしょうか?

乗る前、発車前から「ワイワイ」はしゃいで楽しそうでした。

私の小学校の修学旅行は1963年やったと思います。高知市立第6小学校6年生でした。

出雲大社土佐分祠の森田勝滝君らあがおりましたね。

高知駅から汽車(蒸気機関車が牽引)に乗って金毘羅さんから屋島に行き一泊。

翌日は高徳線で徳島へ、眉山と大塚製薬の工場に行きました。

蒸気機関車ですきに山田を過ぎたらトンネルだらけで大事でした。

確か108個トンネルがあったがを数えながら行ったように覚えちょります。

煙とススが凄いですきに、窓を開けたり閉めたり忙しかったこと。

帰りにはどんなダイヤの都合か知りませんが、天坪(あまつぼ)駅で59分停車ゆうこともありました、今の繫藤ですろうか?

それでもなんでも楽しかった修学旅行。

立川駅で思わずその「修学旅行」と書かれた電車列車に乗り込みそうになりました。

by tosakon-tokyo | 2017-06-14 07:00 | 日記 | Comments(0)