高知らしい夕方の反省会?でした。

高知と東京でご縁づくりをしゆう土佐婚俱楽部代表の織田祐輔です。
f0291565_17072445.jpg

北海道等ではまだ暴風雪が続きゆうみたいですが、東京は多少北風は強いものの晴れちょります。

気温も昨日ほどじゃないですけんど、春の陽気。

その代わり花粉が凄いみたいで、年がいってから症状が治まってきた私でもクシャミを連発したりしよります。

昨日は関東高知県人会の幹事会(一木会)が高知県東京事務所でありました。

今回は4月から年度替わり会長交代言うこともあり、出席者は30名を超えて賑やかでした。

12時スタート、食事タイムに高知から来た「いなかパイプ」や「南国土佐まつり」のお話し「電子版高知新聞」の説明等などがあり

料亭「濱田家」三田代表のテーブルスピーチと続きました。

そしてその後、県人会の決算、予算、役員人事の説明、承認がありました。

今年も11月には恒例の高知県人大懇親会がありますが、幹事長、副幹事長から準備状況の説明がありましたが

昨日は内容盛りだくさんで、私を含めチクとだれた人も多かったようでした。

解散後、それぞれ仕事に戻る人、家路につく人色々でしたが、エレベーター向かうところで何時も元気なハチキンのSさんに呼び止められました。

「ちょっと行こう。」「まあ、えいき付き合いや!!」断れん雰囲気で、途中まではコーヒー飲みながらでとの話でしたが、カフェが一杯となったら急に

「ほんなら一杯やりながら反省会せん?」

結局、新橋駅近くの地下の店で1時間ほどビールや日本酒を飲みながら、真面目に本音で話しました。

その彼女はその後「これから業者の人と打ち合わせ」と平気な顔で別れ、私もその雰囲気にのまれて6時頃相談室にもんて来てひと仕事したがでした。




by tosakon-tokyo | 2018-03-02 17:08 | 日記 | Comments(0)