エイ人は何人おっても、結婚相手はただ一人

高知と東京でご縁づくりをしゆう土佐婚俱楽部の織田祐輔です。

f0291565_14263511.jpg

明日から11月、もう山茶花も咲く季節になりました。

昨日は都心へ出たついでに神楽坂の知り合いの会社へよりましたが、

途中の「ぼっちりや」さんで山北ミカンをお土産に仕入れて持参しました。

いにがけにまた寄ると「一杯やって行きますか?」

4時頃でしたが、既に先客ご居りましたので、つられてつい1杯。

この店、元酔鯨の工場長やった方の娘さんがやりゆうと言うことで、あれこれ酒のウンチクも。

4時半頃で切り上げて早稲田の「源兵衛」に移動して、友人と本格的な飲みになりました。

さて、月曜日に久しぶりに来室した女性会員さん。

交際中の方とは「エイ人ながですけんど・・・」

「お見合いはエイ友達をつくるためにするもんじゃないがよ」

「結婚の相手を探しゆうがやき、エイ人にいちいち感心しよっても果てがないぞね」

「頭で考えよったらいかんがよ。結婚相手としての相性は直感で決めんと!!」と言うと

「次回のデートは直感を働かせてみます」とのことでした。


by tosakon-tokyo | 2018-10-31 14:28 | 婚活 | Comments(0)