人気ブログランキング | 話題のタグを見る

昨晩の天竹会では、天ぷら竹輪が間に合うで一安心

高知と東京で高知関係のご縁づくりをしゆう土佐婚俱楽部代表の織田祐輔です。

昨日の晩は年に2回の「天竹会」が新橋の「ニュー泉」で賑やかに行われました。

私もまっこと楽しみにしよりますが、7月は高知で用事があって帰省中。

残念ながら欠席やったがです。
昨晩の天竹会では、天ぷら竹輪が間に合うで一安心_f0291565_15132686.jpg

この会、何がある言うたち「天ぷら、竹輪を食べながら酒を飲み土佐弁で語り合う」がが趣旨。

誰でも気軽に参加できると言うことで人気です。

まあ、会の趣旨からして天ぷら、竹輪は欠かせんところです。

それが、昨晩は何時ものように早めに行って座ったですが、何かおかしい。

津野会長がすまなさそうに「まだ、着かんがよ」「何が?」「天ぷらと竹輪。高知から取り寄せちゅうがが」

「そりゃいかんね。けんど明後日ばあには着くろう」らあ冗談言いよりましたが、中々着かん。

スタートの6時半になってもつかん言うて、いよいよ臓揉みよりましたら「来た来た!!」

早速、竹輪に簀巻や、天ぷらがどっさり盛られて出て来て、皆一安心。

竹輪は高知らしい太い竹きゅうにしてくれてこれまた満足。

若い新メンバーも数名参加して、益々賑やかな天竹会になりました。

by tosakon-tokyo | 2019-12-18 15:27 | 日記 | Comments(0)