人気ブログランキング |

土佐婚倶楽部も皆家族

結婚相談室 土佐婚倶楽部代表の織田祐輔です。

ここのところ高知の魅力を訴えるものが目立つようになりましたね。
高知を遠く離れて東京などで暮らしてきた「高知県人1世」にとっても気になりますし、「俺らぁも高知の為に一肌脱がないかんぜよ!!」という心境です。

ところで、今回の「高知家」、高知の特徴をように表しちょりますね。

高知の為にとスタートした土佐婚倶楽部も同じ気持ちです。

ここに来たら私達も会員さんも皆家族ながやき。お待ちしよりますね!!
f0291565_11171341.jpg

# by tosakon-tokyo | 2013-06-06 11:18 | 婚活 | Comments(0)

小学校の校長室へ

土佐婚倶楽部代表の織田祐輔です。

昨日は相談室は定休日で清瀬の自宅近くで骨休めをしました。
f0291565_16231272.jpg
昨日はのサッカーは盛り上がりましたね。もうダメかという局面でもあきらめない、執念の男、本田選手のお蔭で何とかW杯の切符を手にしました。おめでとうございます。

その前の昼間は住まいのすぐ近くの清瀬市立第3小学校の校長先生を訪ねて、久しぶりに校長室へ伺いました。私が会長を務める「清瀬の環境・川まつり」に生徒さんの参加を増やす施策の相談のためです。

このイベントは7月27日(土)に行われますが、例年会場から比較的遠い位置関係にある西武池袋線の南側の地域からの参加者が少なく課題となっています。清瀬市は南北に10Km位の長細い市域になのです。

話し合いの結果、「市の送迎バスの手配と予約受付」や「生徒さん向けのポスターを作成」することなど協力して進めることをお約束頂いたのでした。

未来を担う子供たちに期待しています。
# by tosakon-tokyo | 2013-06-05 16:23 | 日記 | Comments(0)

大忙しの日曜日でした

土佐婚倶楽部代表の織田祐輔です。

私はもともと2010年の1月からジェイ・エム・エー立川という結婚相談所を運営し、毎年20人以上の多くの成婚者を送り出してきました。こちらの方は6月から「多摩婚倶楽部」という愛称もつけて更に飛躍を目指しておりますが、昨日の日曜日は見学の方、入会の方、お見合い帰りの報告の方と続き大忙しでした。

今までの経験、ノウハウを活かして土佐婚倶楽部でも多くの方に幸せになって頂きたいと思っております。

昨日の最後のお客様は土佐高校同窓会の関西支部役員の方で、土佐婚倶楽部の趣旨に賛同し関西でも相談室の立ち上げを検討していただけるようです。拠点が高知、東京、関西となりますとご縁もより結び易くなるものと期待しております。f0291565_1045098.jpg

今朝はそんなことを思いつつ、土曜日の「高知県人会交流会」や「土佐高校同窓会関東支部総会」で出会った方々への対応を急がないかんと散歩の足を速めたのでした。

写真はいつもの散歩コースにある社会事業大学です。雑木林に囲まれた良い雰囲気のキャンパスですね。
# by tosakon-tokyo | 2013-06-03 10:45 | 日記 | Comments(0)

土佐婚倶楽部初日の反応

土佐婚倶楽部代表の織田祐輔です。

実はこの倶楽部は6月1日の「高知県人会交流会」と「土佐高校同窓会関東支部総会」の開催に合わせてオープンしました。その場でご協力いただいている皆さん初めとしてお披露目するためでしたが、想定以上の反響がありました。

「結婚はしたいが自分の力だけでは無理そう。かと言って信頼できる方でないとお世話にはなりたくない。」
「やはりお相手は高知に繋がっている方が良いし、できればいづれ高知に帰りたい」などと思っている方が多いようですね。

私たちが良いご縁結びをするためには、多くの方にご賛同いただき、会員さんになっていただかなくてはなりません。

どうぞお気軽にお問合せやご見学をお願いします。

# by tosakon-tokyo | 2013-06-02 10:36 | 婚活 | Comments(0)

土佐婚倶楽部スタート

土佐婚倶楽部代表の織田祐輔です。

いよいよ今日から土佐婚倶楽部がスタートします。

高校3年まで過ごした高知。その後の人生がずっと長うなったけんど、未だに私の心や生活の中で大きな部分を占める土佐・高知。

東京に住んじょっても何とか少しでも土佐・高知の為に何とか役に立ちたい。その思いが今回の土佐婚倶楽部のスタートに繋がったがです。

昨年秋から具体的な話になり、母校の同窓会関係の方々はじめ色々な方にアドバイスやご協力を頂きながら何とか漕ぎ着けました。

私は2010年1月から東京都立川市でジェィ・エム・エー立川という相談室を運営して来ましたが、お一人お一人を大切にお世話するそのノウハウが生かせればと思うちょります。

HPを見てご興味があったり、賛同される方は是非お気軽にお訪ね下さい。お待ちしちょります。
# by tosakon-tokyo | 2013-06-01 06:00 | 日記 | Comments(0)